ダイヤモンドを買取してもらう~キラっとお金にchange~

高価な宝石

いろんな宝石

宝石はルビーやサファイア、ダイヤモンドなど種類豊富にあります。その中でも、人気と価値の高い宝石がダイヤモンドです。買取業者では、古くなったダイヤモンドでも高く買取されています。それだけ、人気も価値も高い宝石なのです。ダイヤモンドの特長は、色のついていない無色であることです。ですが最近では、色のついたカラーダイヤモンドも増えています。色のバリエーションは豊富で、黄色・赤・緑・青・ピンク・オレンジなど約9種類あるもあります。色によって価値は異なり、透明の次に人気なのはピンクとなっています。カラーダイヤモンドは、日本国内外で人気が高く手に入れることも難しいです。どのカラーも手に入れることが難しく、稀少価値が高くなっています。ですがその中でも、黄色は手に入れやすいカラーです。他のカラーダイヤモンドに比べると価格も安いので、買取も価格も他のカラーに比べると下がる可能性が高いです。カラーダイヤモンドを査定に出す場合は、それぞれのカラーの特長や価値などについて事前に調べておくと良いでしょう。

買取業者では、ダイヤモンドを4つの角度から査定を行なっています。カラット・カラー・クラリティー・カットの4つになります。これは「4c」とも呼ばれ、この4つを基準とし価格を決めているのです。4cの中のカラットは、重さを意味しています。ダイヤモンドは大きさだけでんなく、宝石の重さも重要視されているのです。1カラットでも重たくなれば、価格も変動してきます。ダイヤモンドは無色透明ですが、全てが純粋な透明ではないのです。中には黄色がかっているものや、褐色を帯びている場合もあります。それぞれの変色の度合いによって、ランクは違ってくるのです。これを判断するのが、カラーです。最近ではカラーダイヤモンドも人気ですが、色がついている場合は透明度の査定を行われません。

このエントリーをはてなブックマークに追加